前へ
次へ

医薬品を製造する話を聞いてみた

私の妻は医薬品製造メーカーで働いているということで、たまにそこでの仕事ぶりを聞くことがあります。
医薬品は、人の体に直接作用するということで、高い安全性が求められることになるということは理解できるのですが、少しやりすぎではないか、ということも少なくありません。
取扱説明書のインクの色が微妙に違っているとか、ダンボールサイズが数ミリずれているなど、本来の薬の効き目からは程遠い内容に時間を割いているのです。
もちろん決められた規格とは違っているものが入荷している時点で、次の工程に進むことができない、ということは理解できますが、消費者にとってはそれらを含めたコストを支払っていることを意味します。
医療品はなくてはならないものとして、価格が少々高くても売れていくものなので、こうしたことが当たり前になっていますが、これからの時代は必要なものに必要な手間をかけることが本来あるべき姿なのでは、と感じてしまいます。

https://megumi1133.jp/childhearingloss/
子供の年齢・発達段階に応じた聴力検査をめぐみ耳鼻咽喉科では行っており、脳波による聴力検査や画像検査(CT、MRIなど)を行った診断をしております。

大阪で子供の言語訓練を受けれるクリニック

天神 歯医者
細かな部分の気配りがきく歯科医院を目指しています

あなたの歯並びに合わせた矯正治療
インビザラインなら実現することが可能です

Page Top